衝撃!たった6日でシミが残る写真!

敏感肌はたった6日でシミが残った!

敏感肌シミ
ポーラ研究所調べ

なぜ敏感肌は
シミができやすいのか?

敏感肌シミ


それは
敏感肌は普通肌より乾燥して

バリア機能が低下しているから!



バリア機能が低下すると、紫外線や埃、花粉などの
刺激を受けやすく、メラニンが過剰に作られる。


メラニンがターンオーバーできずに溜まってしまいシミになる。

敏感肌の細胞写真


まずはシミの原因を知るためにメカニズムを知ろう!


簡単に言えば、
シミの原因は過剰なメラニンと溜まったメラニン。

肌の細胞には『ケラチノサイト』と『メラノサイト』という細胞がある。
●ケラチノサイト
表皮細胞。
基底層で生まれ、角化を繰り返し
最後は垢になって剥がれる。
●メラノサイト
基底層にある色素細胞。
赤ちゃん細胞のケラチノサイトのために
メラニン色素を作り出す。

  1. 紫外線などの刺激によって
    メラノサイト信号が送られる
  2. メラノサイトメラニンが作られる
  3. メラニンケラチノサイトにわたされる
  4. 紫外線や慢性の刺激、皮脂の酸化によって、
    メラニンが増えすぎたり、溜まりすぎたりする
    メラノサイトが活発化して過剰にメラニンが
    作られたり、加齢やストレスなどで
    ターンオーバーのサイクルが乱れると
    メラニンが滞留し、シミになる。

    表皮のシミは美白化粧品のケアが可能。
    表皮に過剰に存在するメラニンに効果的に
    アプローチできれば、
    美白も夢じゃない!

    では、
    美白化粧品はどのように
    お肌にアプローチしてくるのか?
    美白化粧品には2つの役割があるのだ。
  • メラノサイトに働きかけて、
    メラニンの生成を抑制する
  • ターンオーバーを促進して、
    表皮に溜まったメラニンを排出する

1.と 2.を組み合わせて使うと効果的!

積極的に美白するなら配合成分でアレンジしてみよう。

ただ、ここで注意したいのは、
敏感肌の美白選び!

刺激を感じやすい肌は保湿ケアから

美白剤は種類によって刺激の強さが
異なります。
肌で試してみないと分からないけど、
一般的にルシノールビタミンC誘導体
かぶれにくとされています。

ただし、刺激を感じたら、即中止しです。
敏感肌の人はレチノール
選択するのもよいでしょう。

シミが残らないように新陳代謝を
UPさせるためにも、まずは肌に
水分を補給する保湿ケアで
ターンオーバーを促進することから
はじめましょう。

Top >> 衝撃!たった6日でシミが残る写真!